ようこそラスベガス >スタッフblog > Archives > 2016年8月

ベラージオホテルのボタニカルガーデン

  • Posted by: yokoso
  • 2016年8月13日 07:33
  • ホテル
ベラージオホテルのボタニカルガーデン(庭)は無料で季節ごとに変わり楽しめます。
2016年09月10日までは、海をテーマにしたガーデンです。
タツノオトシゴ、クラゲ、魚、綺麗な花があるので写真スポットに最適
水槽ではファイティング 二モのモデルになった魚もいるので探してみよう

http://www.yokoso.com/blog/20160802_163427.jpg

ラスベガスでのポケモンGO

  • Posted by: yokoso
  • 2016年8月 7日 01:04
  • 情報

ラスベガスのホテル、大通りは、ポケモンGOでポケモンが沢山出現しますのでキャッチしてみよう

新しいスーパースターの名は、John Hanke。ポケモンGOゲームを開発したサンフランシスコのスマホ向けゲーム会社 Niantic Lab.CEOだ。
彼は Google (グーグル)ではGoogle Map や Google Glass そして スマホゲーム に長く関わっていた 根っからのGoogle 男だ。
そして2012年の11月15日に ”Pokemon Go”の原型と言えるゲーム”Ingress”をGoogle社から世に出した。このIngressゲームはGoogleMapGPS操作で本当の場所が出てきて、その中でゲームができるというGoogleらしい考えだ。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticproject.ingress&hl=ja

しかしこのゲームは全く新しいコンセプトで、もちろん人気が出たが誰でも世界中で飛びつく爆発的な人気まで行かなかった。どうしたら世界中の社会現象になれるか?がいつも彼の頭にあり憂慮していた。
そこで結論に達したのは世界中でで有名な任天堂ポケモンのキャラとゲームコンセプトを組み合わせることだ。
ポケモン
 Goはヨーロッパ、アメリカそして日本では爆発的なヒットで推移しているが膨大な容量のサーバーを準備しないとアクセスでパンクするのでインターネット中進国では今必死に配信準備している。サーバーだけでなくその国の言語に訳すのも時間が必要だ。

Google
の人工頭脳ソフト(AI)は人間の碁の世界チャンピオンを破り、車の自動運転ソフトを作りPokemon Goのスマホゲームの黒幕でもある。 Mike

 

ようこそラスベガス >スタッフblog > Archives > 2016年8月

検索
Feeds
お問い合せ
info@yokoso.com
米国内フリーダイヤル
日本人スタッフの対応です。
日本語でどうぞ
1-800-568-7772
1-702-523-5781

※ 受付時間 (米国西海岸時間)
毎日/午前9:00〜午後10:00
日本からのお問い合わせ
1-702-523-5781

※ 受付時間 (日本時間)
火〜土曜日/午前2:00〜午前9:00
時差の為、日本からのお電話はこの時間帯のみの受付となります。
YOKOSO.COM について
当サイトに収録されているツアーショー各種情報は予告なしに変更されている場合があります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ戻る